ねぶた・ねぷたと学校教育研究について

津軽人の誇りであり、地域の貴重な伝統文化である「ねぶた・ねぷた」は津軽人の魂である。この「ねぶた・ねぷた」を取り上げ、子どもとの関わりや実態、学校教育での「ねぶた・ねぷた」の与える影響を研究課題にし、子どもや運行団体の意識調査、カリキュラム開発等を進めてきた。本研究は弘前大学教育学部「ねぶた・ねぷたと学校教育」研究プロジェクトの代表 大谷良光と研究協力者、研究分担者、連携協力者(ねぶた師 立田龍宝)による科学研究費の研究期間を含め7年間(2005~2012年)の研究成果である。

科学研究費による研究は終了したが、ねぶた愛好学生のよる「ねぶた・ねぷた・教育」への研究は続いている。本研究は、ねぶた・ねぷた関係者、教育関係者が必要なときに読まれ、参考にしていただけたならば幸いである。

 

本研究会プロジェクトは、2014年3月で終了しました。

研究成果のみ、以下に掲載します。

 

 

1.津軽ねぶた・ねぷたの教育化~調査研究とカリキュラム開発~ (平成20年~23年)

 

多くの青森県民が参加する津軽の伝統文化であるねぶた・ねぷた祭。本研究はこの祭に子ども、学校等がどのように関わっているのかを明らかにし、学校が地域と連携して祭を授業に取り込む場合のカリキュラム開発を目的とした。
下記の調査から、
祭を教育課程に位置づける地域的環境が整っていることが判明した。

  1. 子どもの意識・関わり調査
  2. 学校の取組調査
  3. 祭運行団体の学校関わり・意識調査
  4. 祭り実施校への継続訪問調査

そして、多様な学年が取り組むことができる汎用「だるまねぶた」と指導計画を開発した。

ダウンロード
表紙・はじめに・目次.pdf
PDFファイル 479.0 KB
ダウンロード
冊子 「はじめに」の「研究成果」 の 補足.pdf
PDFファイル 160.8 KB
ダウンロード
弘前市立北小学校4年生でのだるまねぷた制作
第Ⅰ部 ねぶた・ねぷたのカリキュラム開発.pdf
PDFファイル 2.4 MB
ダウンロード
第Ⅱ部 ねぶた・ねぷた祭り実施校の訪問調査.pdf
PDFファイル 1.7 MB
ダウンロード
2市(青森市・弘前市)の小・中学校でのねぶた・ねぷたと学校との関わり調査(2006年度)
第Ⅲ部 ねぶた・ねぷたと学校教育との関わり調査 第1章.pdf
PDFファイル 177.9 KB
ダウンロード
4市(青森市・弘前市・五所川原市・黒石市)の小・中学校におけるねぶた・ねぷたと立佞武多と学校教育との関わり調査(2010年度版)~2006年度調査との比較含む~
第Ⅲ部 ねぶた・ねぷたと学校教育との関わり調査 第2章.pdf
PDFファイル 590.6 KB
ダウンロード
パイロット調査結果報告書 「青森ねぶた・弘前ねぷたへの子どもの関わりと意識~青森市・弘前市内小学校4年生を対象とした調査~」
第Ⅳ部 ねぶた・ねぷたと祭りへの子どもの意識の関わり調査(子ども調査)第1章.p
PDFファイル 926.9 KB
ダウンロード
青森ねぶた・弘前ねぷたの子ども意識と祭りへの子どもの「思い」調査~青森市・弘前市公立小・中・高校生4,000名~
第Ⅳ部 ねぶた・ねぷたと祭りへの子どもの意識の関わり調査(子ども調査)第2章.p
PDFファイル 779.0 KB
ダウンロード
ねぶた祭への高校生の観察・参加状況と祭への意識(思い)調査~ハネト若者離れ問題と焦点として~
第Ⅳ部 ねぶた・ねぷたと祭りへの子どもの意識の関わり調査(子ども調査)第3章.p
PDFファイル 498.8 KB
ダウンロード
青森ねぶた運行団体と子ども・学校との関わりの実態~大型・子ども・地域ねぶた運行団体を対象とした調査~
第Ⅴ部 ねぶた・ねぷた祭り運行団体と子ども・学校との関わり調査(運行団体調査) 
PDFファイル 307.3 KB
ダウンロード
弘前ねぷた祭り運行団体と子ども・学校との関わりの現状と意識
第Ⅴ部 ねぶた・ねぷた祭り運行団体と子ども・学校との関わり調査(運行団体調査) 
PDFファイル 2.3 MB
ダウンロード
第Ⅵ部 ねぶたの実践記録(2005年度).pdf
PDFファイル 911.7 KB
ダウンロード
あとがき・裏表紙.pdf
PDFファイル 435.7 KB

2.クロスカリキュラムによるねぶた授業の創造~題材の可能性の施行~ (平成25年)

文責:山内勇輝

青森の伝統文化であるねぶたを取り上げ、ねぶた制作の技に視点を向け、クラスカリキュラム(中学校における美術科、技術科+総合的な学習の時間と特別活動)による、カリキュラム構成を行なった。
構成は以下の通りである。第1章では、研究背景・目的。第2章は、事前調査として蛯名敦子、古川香氏の論文と京都造形芸術大学のねぶたカリキュラムの実践の考察。第3章は、小学校と特別支援学校によるねぶたを教材とした授業の実践。第4章は、中学校を想定したねぶた授業の実践(青森工業高校での実践)。第5章は、ねぶた授業の再構成による最終提案を行なっている。

ダウンロード
クロスカリキュラムによるねぶた授業の創造~題材の可能性の試行~.pdf
PDFファイル 10.0 MB
ダウンロード
資料.pdf
PDFファイル 5.3 MB
ダウンロード
ねぶた教材テキスト
侫武多をまなぶ.pdf
PDFファイル 4.5 MB

3.青森市立古川小学校におけるねぶた教育の実態調査~ねぶた教育の新たな積極面の探究~(平成25年)

文責:鈴木悠太

「地域の活性化」「開かれた学校」が謳われる現代社会において、ねぶた教育は学校と保護者・地域住民を繋ぐための架け橋となることができるのかを明らかにしていくことを研究課題とした。
本研究では、ねぶた教育に力を入れている小学校である青森市立古川小学校に調査協力を要請し、当校への訪問調査と児童・保護者・教職員・地域住民へのアンケート調査から、当校のねぶた教育の現状と積極面・問題点を明らかにし、当校へ知見を提供していくとともに、ねぶた教育が学校と保護者・地域住民の良好な関係づくりに貢献できるものか明らかにするため、実態の調査を行った。

ダウンロード
青森市立古川小学校におけるねぶた教育の実態調査~ねぶた教育の新たな積極面の探求~
PDFファイル 858.0 KB

立田健太(ねぶた師:龍宝)のねぶた

ねぶた師・内山龍星に師事。14年間修業の元、2013年(28歳)にねぶた師として一人立ちした。立田龍宝に襲名し、青森青年会議所の大型ねぶたの制作をしている。元工業高校教員である。

山内勇輝のねぶた

ねぶた師・竹浪比呂央に師事。2007年から、竹浪比呂央ねぶた研究所の研究生として修業中である。