会員開発の啓発教材の紹介

 この欄に紹介しました教材は、出典を明記してご自由にご利用ください。


1.『スマホ長時間利用による両眼視異常~空振りが増えた野球少年~』啓発用教材について                 2015.9.30

 ネットによる健康被害事例として、最も新しく深刻な問題であり、対策に急を要する『スマホの長時間利用による両眼視異常』の啓発用教材を公開します。この教材の内容の原本は、岩手県の眼科医鈴木武敏博士が、2014年の国際斜視学会等で発表され、高い評価を得たものです。鈴木氏は、その要約を2015.9の東北地区医師会学校保健委員会・校医大会で発表れました。そのデータをもとに、大谷が了解を得て編集したものです。

 至急子ども達に伝える必要があるため、著作権を記した上でそのまま啓発活動に使用されることをお勧めします。

  講演等に使用する場合は、大谷までメールでご一報ください。また、教材のトップページは、そのままご使用ください。

 鈴木武敏著『あたらしい眼科』臨時増刊号に掲載された「成長期にスマホを使うと視機能に影響しますか」の解説書を読みたい方はご連絡をください。会員の方は、「会員専用ページ」からダウンロードできます。

ダウンロード
改訂版 両眼視異常2016.3.6.pptx
Microsoft Power Point プレゼンテーション 2.8 MB